全ての地獄はここから始まった🥶

私は2002年7月に埼玉県蓮田市にカフェを開業いたしました。当時38歳。駅ロータリーに面した蓮田市としては一等地の2階ワンフロアで経営初心者としては背伸びし過ぎの67坪80席❗特にマーケティングをした訳でもなく住んでいたのが蓮田市だったからという

理由だけで決めてしまった物件。しかも借りた時にまだ明確な商売は決めていませんでした(^_^;)

サラリーマンを辞めることが前提で退職理由を探し、退職を会社に申請しましたがソコソコの役職であったので引き止めの面談が増えて面倒で、物件を探し始めれば気持ちも揺らぐことは無くなるだろうと思って探し始めて約1ヶ月。近隣の大宮や浦和にも行きましたが何となくピンと来なくて、当時賃貸マンションを借りた不動産屋に相談したら「ウチの上(2階)がもう直ぐ空くけど、ヤル気があるなら大家さんに話してあげるよ。まだ営業してるか行ってみれば?」と。直ぐに店に行き中を見たら広々とした空間で見晴らしも良く気に入ってしまい「ここなら行ける‼️」と感じました。

しかもレストランは既にヤル気はなく営業時間も短くて商品も接客も最悪。

(オレがやれば間違いなくいい店を作れる❗️間違いなく売れる‼️)

と直感で思い(ここに決めよう❣️)

地獄への入り口とは知らずに気持ちは晴々としてました。

そして、契約。家賃は税抜きで55万、他に管理費が5万の計60万。

保証金は280万円でした。

皆さん今、色んなクエスチョン❓が浮かんでませんか❓

(最初からなんでそんなに大きな店舗❓)

(まだやる事決まってないじゃん❓)

(どうせお金あったから出来た話でしょ❗️)

等々・・・・・・・・

実は退職時 私の貯金はほぼ0円

浪費家で奢りグセがあって、格好ばかりつけるアホです。(今も変わってないかも(^^;;

だけど独立する夢だけはずっとあって。

はい!皆さんの感じた通り今の私なら絶対にやらない‼️絶対に‼️絶対にやりません(^_^;)  はい、間違いなくやりません(^_^;)

まあ馬鹿だったんですね。何も知らなかった。バカだった・・・・バカ・_・

・・・・・・・・・・

この地獄の入り口に入るアホ、皆さんどう思いますか❓

ここからの話はメチャメチャ重くなります。少なくとも10話ぐらいは重い話になる。

カフェを経営したいと思っている人にとっては聞きたくない話になるかもしれません。絶望極まりない状態が商売を始めて半年間ずっと続きました。毎日考える事は明日の支払いはどうしよう、明日給料日どうやって支払う、明日家賃どうやって払う、明日食材買うお金どうやって…

こんな中でまともな経営ができるはずがありません。できるはずがないです。

イニシャルコストが3300万、その後売上低迷でサラ金に手を出しサラ金での借金が600万。トータル4000万の借金。年間に支払った金利は300万を越えた2003年。

どう考えても破綻してる。しかし私は今だに経営を続けています(°▽°)

なぜ私は破綻しなかったのでしょう?

どの様にして生き残ったのか?どのようにして借金を完済したのか?

どの様にして現在のプリン200万個/年間に販売するようになったのか?

皆さんに包み隠さず教えます。

商売を、独立を考えている方に向けてのブログになりますので反面教師としての私の失敗談。ぜひ参考にしていただければ幸いかと思います。

しかし私はカフェで経験した事は何もマイナスになっていません。今の事業であるプリンの経営はカフェでの経験がなければ生まれてません。

これから経営を志す皆様に向けて大変な失敗談から成功に導く考え方と行動はどうあるべきかをブログに書きとめていきたいと思っています。これは自戒を含め書き連ねる事なので興味ある方だけ見ていただければ嬉しく思います。多分100話程度のお話になろうかと思います。興味を持っていただける方は末永くよろしくお願いいたします。

(Chestnut Grove 私が企画した最後の予約メニュー)

関連記事

  1. クラフトプリンプラント鎌倉店
  2. クラフトプリンプラント鎌倉店
  3. instagram

PAGE TOP